トップ

賃貸を少しでも安く借りる裏技

賃貸を借りる際の技

解約

賃貸物件を安く借りる裏技

賃貸住宅は借りるときに何かとお金がかかります。安くする裏ワザでも知っていたら便利かもしれませんが、ひとつ方法があります。アパートやマンションを借りる時には通常、ひと月分の家賃の5倍から6倍くらいはお金を用意しておく必要があります。その中に仲介手数料が含まれています。この仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社におよそ家賃の1カ月分を支払うものです。この裏を返せば賃貸物件を不動産会社から借りなければ仲介手数料を支払わなくてもよいということになります。貸主を見つけて直接交渉をすれば良いのです。もちろんこの裏ワザは貸主が承諾した場合のみ成立します。

物件を借りる裏ワザとは

物件を契約する際には敷金や礼金といった保証金、不動産業者への仲介手数料が必要となり、それぞれ家賃1~2か月分が相場となっています。こうした賃貸に関する費用は家賃によって決まってしまいますが、裏ワザとして、契約時に家賃交渉を行い、少しでも安くすることが可能になるケースもあります。そのため、契約時の費用も同時に値下がるため、トライしてみることがオススメです。交渉が通りやすい条件として、時期を選ぶ必要があります。それは引っ越しシーズンが終わった5月や6月、11月、12月あたりでは、空き部屋を早く埋めたいと思う賃貸物件のオーナーが多いため、交渉に応じてくれる可能性が高まることとなります。

↑PAGE TOP

© Copyright 賃貸を少しでも安く借りる裏技. All rights reserved.